小規模な金融機関の使いやすい商品

東京東信用金庫は利用者視点の金融機関

東京東信用金庫の定期積金

東京東信用金庫は個人向け定期積金の種類が豊富です。定期積金とは毎月決まった日に決まった金額の掛金を払い込み、満期日に掛金の総額と給付補填金(利息)を受け取る商品です。銀行などの金融機関では取扱っていませんが、全国の信用金庫で利用することができます。しかも東京東信用金庫が取扱う独自の定期積金は、一般的な定期積金とは全く異なる商品になっています。

東京東信用金庫でオススメの定期積金は満期分散型積金です。預入期間が5年と長めですが、2年目以降は毎年満期日が来るという特徴があります。各満期日の受取金額は自由に設定することができ、積立を行いながら貯めた資金の一部を活用することができます。5年目、つまり最後の満期日を迎えて商品の利用が終了すると、掛金と給付補填金は全額払い戻されます。払い戻された資金はそのまま定期預金に振り替えて資産運用できるため、スムーズな資産運用を望む場合にもピッタリです。

定期積金は確実に貯蓄できるため、個人ローンの融資を受ける前に自己資金を貯める目的で利用する場合も多いです。そこでオススメなのが「ひがしんあしすと」という定期積金です。ひがしんあしすとは定期積金と融資商品がセットになった商品で、定期積金の掛金を6か月間延滞せずに払い込むと、融資商品の利用資格が得られるのが特徴です。融資限度額は積立期間・毎月の掛金の金額・最終的な掛金総額によって異なり、掛金が多いほど融資限度額も多くなります。

法人向け定期積金は個人向けに比べて数が少ないものの、個人向け商品とほぼ同じ内容で取引することができ、定期積金を使って事業資金を貯めたり、事業者ローンの自己資金を貯めたりすることができます。東京東信用金庫の本支店窓口では取扱い商品の案内や契約手続きを受け付けているので、円滑に事業を行うためにも、一度取引店に足を運んで相談してみましょう。

筑邦銀行の使いやすい商品
使って得する宮崎太陽銀行
普通預金にそのまま?定期預金にする?どちらがお得?
東京東信用金庫は利用者視点の金融機関
Copyright 2018 小規模な金融機関の使いやすい商品 / Material by ルルルレコード /  Designed by あんにゅい。